オープンスクール品野台小学校(愛知県瀬戸市)を見学

2010-06-21

今日は、品野台小学校の公開日でした。

前々から関心を持っていたので、この機を逃さず見学に行ってきました。

瀬戸市北部の丘陵地帯の麓にあるこの学校は、豊かな自然に抱かれています。

校門をくぐってすぐに視界に入るこの銅像は誰なのでしょう?

校舎内は、本当に広々~!

バリアフリーを考慮した設計で、各教室の間に仕切りがありません。

上の写真の、向かって左側が2年生の教室。右側が5年生の教室です。今日は授業参観とのことで、父兄もたくさん来ていました。

5年生は、各自が地球儀を持って来て置いているようです。

それだけ、生徒一人一人のスペースが十分に確保されているということでしょう。

お次は多分3、4年生あたりの教室。

窓が大きく取られ、採光もバッチリです。

職員室も、壁でなく、ガラスで仕切られています。

心理的バリアーが低くなり、気軽に先生の所へ質問に行ったりできそうです。

トイレもコンクリートの打ちっぱなしの壁。シンプルでお洒落。

では、他の部屋も順次見ていきましょう。

家庭科室では、生徒が父兄と一緒に調理実習をしていました。

音楽室も音響効果を考慮して作られているのでしょうね、きっと。

理科室でも、父兄も参加して調理実習(?)ぽいことをしていました。

その隣が窯業室。いかにも瀬戸らしい。

圧巻は何と言ってもプール。

学校のプールでこんなきれいな所、他にみたことありません。

お次は体育館。木材がふんだんに使われています。バスケットゴールも可動式。

図書室は、市立図書館との共有スペースになっています。

オープンスクールといえばコレ。ランチルームもあります。

週に何回かは、全校生徒がここに一堂に会し、給食をとるとのこと。

体育館、ランチルームとは別に集いの場というスペースもあります。

集会・入学式・卒業式,地域の催しが行われます。

+ + +

以上、校舎内の様子を紹介しました。

特に学校関係者に説明を受けた訳でもなく、ただ自由に見学して来ただけなので、学校の運営方針等ソフトに関して詳しいことは実際わかりません。

ただ、個人的に感じたのは、仕切りをとって校内を一つの大きなスペースを創出することで、生徒、教員の間の心の壁も低くなり、学校全体としての一体感は強まるだろうなあということ。

また、校内に地域図書館があったり、地域のミーティングを行うスペースがあったりと、地域に対しても開かれた学校であるというのも良くわかりました。

スペースが広く、ゆったりしているのには、本当にうらやましく思いました。各学年十数名ずつしか生徒がいないというのも大きいのでしょう。

品野台小学校が、うちの子供達が通うことになるであろう小学校と比べると、施設的には圧倒的に恵まれていることは否めません。

うちから近かったらここに通学させたいと思うのですが、いかんせん遠いのです……。

瀬戸の街中にも品野台形式の第二の小学校ができたらいいなあ…と切に思いました。


コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


Copyright(c) 2016 Photo Design Caravan-Serai All Rights Reserved.