オススメの京都町屋の宿~胡乱座(うろんざ)~

2012-07-29

budget travelerスタイルが基本の私。宿にはお金をかけません。

…とはいいつつも、安くてもいい宿ってあるものなのです。

その良い例が先日京都に赴いた際に泊まった宿。

京都の宿 胡乱座(うろんざ)

見ての通り、京町屋の宿です。

格子戸をガラガラ開けて入ると、うなぎの寝床のような土間が奥まで続いています。幅は狭いのですが、高さ7mの吹き抜けになっていて、頭上に広がる大空間…。

思わずしばしの間見上げてしまいました。

京都の宿 胡乱座(うろんざ)

このお宿の名前は、胡乱座(うろんざ)

京都の宿 胡乱座(うろんざ)

2008年に国の有形文化財建造物として登録された、由緒ある建物です。

京都の宿 胡乱座(うろんざ)

このお宿では、夕食も朝食もつきません。素泊まりのみ。

ゲストハウスなので、お部屋の基本タイプはドミトリー形式です。でも、一部個室も用意されていて、今回私が泊まった部屋の様に、準個室(隣の部屋ととの仕切りは襖)で3,000円となんともうれしい価格設定なのです。

京都の宿 胡乱座(うろんざ)

京都には、このような町屋を改装し、宿として営業している所がたくさんあります。

かなりの数をネット上でチェックしましたが、私にはこの胡乱座(うろんざ)さんが一番ピーンと来ました。そして、いつか機会があったら泊まってみたいなあ…と数年前から思っていたのです。

そして訪れた今回のチャンス…。

泊まってみて、やっぱり素敵だなあ、気持がほっこりする場所だなあ…と思いました。

京都の宿 胡乱座(うろんざ)

ちなみに、ここに泊まっているお客さんは、8割方が外国人。私は、スイス人のカップル、韓国からやってきたという若い女性に会いました。

また、四条堀川の交差点からも近く利便性もいいのですが、奥まっているのでとても静かです。土間の奥の方から聞こえてくる鈴虫の音がとても心地良かったです。

…というわけで、京都の夜をはんなり満喫した私なのでした(^O^)

皆さんも、機会があったら是非泊まってみて下さいね!(でも、小さなお子さんは泊まれません…)。

———

胡乱座(うろんざ)さんへのホームページへはここをクリック!

 

 

 


コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


Copyright(c) 2016 Photo Design Caravan-Serai All Rights Reserved.