フォトデザイン・キャラバンサライ

NEWS&BLOG

News from CARAVANSERAI, and diary.

2012.02.29

イベント参加

あいち産業振興機構&瀬戸市主催「起業家ビジネスプラン発表パネルディスカッション」に参加

遅ればせながら、約3か月前の出来事をアップします(笑)。

キャラバンサライこと私・林は、あいち産業振興機構および瀬戸市が、2011年12月1日に開催した「起業家ビジネスプラン発表パネルディスカッション」にスピーカー及びパネリストとして参加させていただきました。

あいち産業振興機構&瀬戸市主催「起業家ビジネスプラン発表&パネルディスカッション」チラシ

私は、瀬戸市産業課が主催する創業支援プログラム「せと・しごと塾」の出身です。その「しごと塾」が愛知県の起業家養成プログラムとコラボして創業イベントを開催することとなり、お声かけいただき参加させていただいたのです。

スピーカーは6名。私以外は全員既に起業をした人ばかりだったので、最初は少々気がひけていました。でも、そういう場に自分を置くのも良い成長の機会になるのではないかと思い直し、出てみたのです。

あいち産業振興機構&瀬戸市主催 創業支援セミナー

当日は、名駅ウインクあいちの会場に100名近い方がお越しになり、緊張しながらも無事プレゼンとパネルディスカッションを終えることができました。

あいち産業振興機構&瀬戸市主催 起業ビジネスプラン発表会

個人的には、パネルディスカッションの後に行われた名刺交換会がとても印象に残りました。20名近い異業種の方たちとの名刺交換。こんなに一度に新しい人と会い、互いに自己紹介をし会う機会は私にはそうそうないのです…。

この日のためにかなりの時間をかけて頭の整理をし、資料を作成しました。それが3か月を経て、今血となり肉となり、実を結んで来ていると実感しています。

今更ながらに良い機会に恵まれ、有り難かったなあ…としみじみ思っています。関係者の皆さま、本当にありがとうございました。

—————————

上記「起業家ビジネスプラン発表パネルディスカッションのチラシを大きく見るにはココをクリックしてください!

 

 

2011.03.16

国際協力

瀬戸キャリア教育で講師(於:愛知県瀬戸市立長根小学校)

瀬戸市では、「キャリア教育」と称して、それぞれ専門性を持つ市民を招き、市内の小学校や中学校へ講師として派遣するプログラムを実施しています。

地域振興と学校教育を結ぶ結節点ともいえるこの「瀬戸キャリア教育」。私、林も3月9日、講師としてデビューしました。

場所は、瀬戸市立長根小学校。対象は、6年生93名です。

14:35-15:20と45分間持ち時間がありましたが、話したいことが盛りだくさん。あっという間に時間が過ぎていきました。

今回のテーマは、「異文化理解と国際協力」。

異文化理解の題材としては、昔住んでいたエジプトを使い、国際協力ではベトナムを取り上げました。

ベトナムについては、この講座の1週間前に出張で行ってきたばかりなので、現地のフレッシュな情報をお伝えすることができました。

何にしろ、今回対象者が小学生とあって、心がけたのがビジュアル性。PowerPointで資料を作りましたが、文字は極力減らし、写真をたくさん使いました。

また、一方的にしゃべるのではなく、国当てクイズ等を織り交ぜ、問いかけを多くしました。

「誰も手を挙げてくれなかったらど~しよ~」と密かに心配をしていたのですが(笑)、ちゃんと挙手してくれたので助かりました。

2月に退陣したエジプトの前大統領、ムバラク氏の名前をきちんと答えてくれた生徒もいて感心することしきりです。

私の方は、子供達に囲まれ楽しく授業をさせてもらいました。生徒さん達も、私の話から何か感じるもものがあればいいなあと思っています。

2010.09.04

国際協力

青蛙会での講演

本日、瀬戸市品野地区に住む方々が中心になって組織する青蛙会へ講演に行ってきました。

青蛙会では、毎月定例会を開いておられるとのこと。毎回様々な分野から外部講師を招聘し、メンバーが向上に努められているとのことです。

過去には、地元選出の国会議員、山尾しおりさんもいらっしゃったと聞き、少々気後れしましたが、「私は私の話をしよう」と思い直し、臨みました。

会場は、品野地区の名刹、九雲寺。いかにもお寺らしく、広いお座敷でリラックスしたムードの中、お集まりいただいた10名強の方々を前にお話しさせていただきました。

持ち時間は1時間。

前半は、私の前職を含む国際協力の話。エジプトでのエピソードなども交えました。

後半は、愛知の地酒「蓬莱泉」にまつわる話。品野と言えば、かつて瀬戸の銘酒「明眸」の蔵元、柴田酒造があった土地柄。

現在「明眸」の生産は、「蓬莱泉」の蔵元、関谷醸造に引き継がれております。そんな思わぬつながりがある故にか、国際協力のお話よりは、こちらの「蓬莱泉」のお話しの方が食いつきが良いように思いました(笑)。

昨年「せと・しごと塾」の関係者対象に行った「蓬莱泉酒造り体験ツアー」に関しても多いに興味を抱かれたようです。

青蛙会メンバーで、今回この講演をお膳立てして下さった金高さん、会長の中島さん、そしてメンバーの方々、本日は大変勉強になりました。有難うございます。

1

CATEGORY

ARCHIVE

RECENT POSTS