Archive for the ‘ホームページ製作’ Category

愛知県瀬戸市の街づくりNPO法人「窯のひろば」のホームページ/アメーバowndを利用して

2016-03-08

瀬戸市の街づくりNPO「窯のひろば」のホームページができました。
まだ完成までは道のりがありますが…^^;

枠組みは私が作り、コンテンツはこれから関係者の皆さんが充実されていくことと思います(ちなみに、写真は私が撮影したものではありません)。

今回、以前から興味があった「ownd」を使ってみました(サイバーエージェントが提供しているCMSなので、アメブロとの親和性も高いです^ ^)。操作が簡単で誰でも更新できるし、無料です。

NPO法人窯のひろば 愛知県瀬戸市

 

そんなに凝ったサイトを作る必要がない人にはオススメのサービスかもヽ(〃v〃)ノ。

…ということで、興味を持たれた方は、ここをクリックして「窯のひろば」HPを覗いてみて下さいね。

 

 

育笑ネット(net)・湯浅亜紀さま~アメブロのカスタマイズ~

2014-10-21

時どーき(笑)、写真以外のお仕事もするキャラバンサライ。

今回は、瀬戸市の元気女性の代表格で、「育笑net」を主宰されている湯浅亜紀さまのアメブロをカスタマイズしました。

 湯浅亜紀(ゆあさあき) 育笑ネット(net) 愛知県瀬戸市 アメブロカスタマイズ アメーバブログ

 

「イベント・講座プロデュース」、「ママ向け講座」等、メニューボタンを設置したので、ホームページ機能も併せもつブログに生まれ変わりました~!ご本人曰く、イメージカラーがオレンジだそうなので、サイト全体をオレンジで統一し、【ほっこり系大人女子感】を演出しましたヨ^o^。

私が担当したデザイン部分は完了したので、これから湯浅さんご本人がコンテンツをどんどん増やしていかれると思います(^ ^)。

「子育てママのココロと体を癒したい!元気な女性をふやしたい!そんな想いをギュギュっとこめてカタチにしていきます!」がキャッチフレーズ」の「育笑net」。

来年3月下旬には、瀬戸市内でママ向けの大きなイベントを開催するそうです!楽しみですね (^O^)/

—————————–

●「育笑ネット・湯浅亜紀さんのホームページ兼ブログヘはココをクリック!

 

(キャラバンサライでは、将来的にはこのようなHP関係の仕事も増やしていきたいとは思っておりますが、現時点ではキャパオーバー状態なので、HP作成/ブログカスタマイズ等の新規受付はしておりません…)

 

 

 

「尾張旭・瀬戸おやこ劇場」のホームページの情報更新

2014-06-05

私が裏管理人をしております「尾張旭・瀬戸おやこ劇場」のホームページに、2014年の活動予定を新しく掲載しました~!

尾張旭・瀬戸おやこ劇場ホームページ

おやこ劇場は全国に支部があり、「子どもたちのためにつくられた質の高い生の舞台を、日頃から一緒に遊ぶ仲間(=サークル)とともに鑑賞し(=例会)、深く共感したり、感動を共有する」非営利文化団体です。

現在、尾張旭・瀬戸地区では、100名以上の会員さんが活動しています。メンバーも随時募集しています!詳しくは、ココをクリックしてほホームページを見てみてねーん(^O^)/

ちなみに、キャラバンサライ、現在はホームページ製作業は休止しております…。(いつか余裕ができたら再開するかも…です (^^;;)。

 

 

 

Jimdoでホームページを作りました~!(龍谷大学経済学部 西川芳昭教授)

2013-10-31

ホームページを一つ作りました~!

今回は初めてJimdoでの作成^ ^
word的感覚でサックサク作れます!(画像加工はさすがにフォトショを使いましたが…)。
お手軽なJimdo!オススメで~す♪

龍谷大学経済学部 西川芳昭 教授 ホームページ

 

ちなみにこのサイト、名古屋大学国際開発研究科から龍谷大学に移られた西川芳昭先生のパーソナルサイトです。西川先生には個人的に大変お世話になりました。

ご覧の通り、サイトのテーマカラーは、先生のご専門(農学)を考慮して、グリーンとアースカラーにしてみました。それっぽい感じ出てると思いませんか~!?

…ということで、ココをクリックして、上記サイトを覗いてみてくださいね~!

(余談になりますが、現在、キャラバンサライではHP製作は承っておりません…。また余裕ができたら始めたいと思います^ ^)

 

 

尾張旭・瀬戸おやこ劇場のホームページ(兼ブログ)を製作しました~!

2012-10-11

キャラバンサライでは、ごくたま~にですが、写真業以外のお仕事をします。

今回は、ホームページ作成…。

尾張旭・瀬戸おやこ劇場という市民グループのホームページ兼ブログを製作しました~!

尾張旭・瀬戸おやこ劇場

 

ホームページ(やチラシ)を作る際に、私が一番最初にする作業は、テーマカラーを決めること。

今回も、1-2カ月頭の中で温めて、結果的に、黄色、緑、水色の3色をサイト内でたくさん使うことにしました。

「何故その3色なの?」と聞かれそうですが(誰も聞かない!?)、まずは黄色。この尾張旭・瀬戸おやこ劇場というグループには、100人以上の子供たちとそのお母さん、お父さん、おばあちゃんがメンバーとして属しています。いつも元気な子供達と大人を象徴する色として、明るくてビタミンカラーの黄色を選びました。

そして、緑は自然を、水色は空を表しています。

…というと活動拠点が屋外のように響きますが、この「尾張旭・瀬戸おやこ劇場」の主たる活動の一つは、舞台芸術を親子で鑑賞すること。その「舞台」感を演出したくて、トップページのメイン画像の「尾張旭・瀬戸おやこ劇場」のタイトル字の上に、(無理やり?…笑)どん帳を配置してみました~!

尾張旭・瀬戸おやこ劇場

——————

今回も、ワードプレス(WordPress)というCMSを使ってこのホームページを作っています。ワードプレスの一番の長所は、ホームページとブログの機能を一つのサイトに同居させられることではないでしょうか…。

ワードプレスの場合、トップページを普通のホームペ―ジ形式にするのか、ブログ形式にするのか選べるのですが、今回はブログをトップページにすることに決めました。トップページを、会の紹介等一つの情報に固定化してしまうのでなく、このサイトを開いた際、ブログを通じて最新の活動状況が見られるようにしておいた方が面白いかなと思ったからです。

尾張旭・瀬戸おやこ劇場

今後、事務局の方で最新の活動状況が随時綴られていくと思います。

皆さんも是非「尾張旭・瀬戸おやこ劇場」のホームページ、覗いてみてくださいね~!

————-

尾張旭・瀬戸おやこ劇場のホームページへはここをクリック!

 

 

 

「いなぶまゆっこ」(愛知県豊田市稲武地区)のホームページが完成!

2011-11-13

8月3日付けの記事でご紹介したいなぶまゆっこのホームページがとうとう完成しました。

 

いなぶまゆっこ トップページ

 

私がホームページなり、チラシなり作る際は、テーマカラーをとても大切にしています。

中心となる色が決まると、それに合わせて全体のイメージが湧いてくるからです。

今回は、グリーンをメインに、ピンクを補色として使うことにしました。どちらの色も、トーンを落とした落ち着いた色調に。大人の品格を漂わせる狙いがあります。

色が決まったところで、ロゴも製作。

作る際に考えたことが2つあります。一つは、繭をモチーフにする。もう一つは、手作り感を強調するために字体も手書き風にこだわるということです。

…いろいろと試行錯誤の上、こんな感じでできました~(↓)。

 

いなぶまゆっこ ロゴ

 

それから、フォトデザイナーである以上、各ページの冒頭に置くアイキャッチ画像にもこだわりを持って一つ一つ作成しました。

例えばこんな感じです(↓)。

 

いなぶまゆっこ アイキャッチ画像

 

元となる写真からこのような横長の画像を切り抜くのですが、これ、意外に時間がかかる作業です。

膨大に撮った写真を一つ一つ見ながら、「この写真、横長によさそう」「あの写真を大幅にトリミングし、右下のコーナーを使おう」などと思案しながら決めていきます。

手間はかかりますが、これこそ自分のセンスとオリジナリティが発揮できる場。故に、私にとっては好きな作業の一つなのです。

…というわけで、こだわりを持って作った「いなぶまゆっこ」のホームページ。是非ご覧ください。

いなぶまゆっこのホームページへはこちらをクリック!

いなぶ まゆっこ(まゆっこクラブ)シルクスカーフ/ショール「いなぶの羽衣」~撮影の様子~(愛知県豊田市稲武地区)

2011-08-03

私は、豊田市稲武地区(旧北設楽郡稲武町)出身です。

稲武の地においては、かつて養蚕業が盛んに行われていました。

私の母の実家(稲武地区内)でも、お蚕さんを飼っていたのを覚えています。2階の一角を蚕棚が占め、私は桑の葉を食むお蚕さんを眺めるのが何よりも好きでした。

…それも今となっては遠い昔。母の実家でも、私が物心ついたときには蚕棚が消えていました。昭和の佳き思い出となってしまったのです…。

そしてまた、旧稲武町全体でも、養蚕家は減少の一途。平成のはじめには数件を残すばかりとなってしまいました…。

そんな状況に危機感を募らせ、平成9年、有志が立ち上がります。「稲武地区を蚕の里に」をスローガンに掲げ、「まゆっこクラブ」という会を結成したのです。

あまり知られていない事なのですが、実は今上天皇の大嘗祭(天皇が即位の礼の後、初めて行う新嘗祭)に使われた「繒服」(にぎたえ:絹の布)を皇室に調進したという輝かしい実績を、稲武の養蚕家(献糸会)は持っているのです。

その伝統ある歴史を誇りに、日々養蚕と絹を用いた作品づくりに励む「(いなぶまゆっこ(まゆっこクラブ)」のメンバーさん達。

そしてこの度私が、その「まゆっこクラブ」の活動を紹介するホームページをお作りすることになりました。

「写真を中心に分かりやすいサイトにしたい!」、そんな想いをこめて、現在鋭意作成中。

ホームページでは、「まゆっこクラブ」の歴史やメンバー等を紹介すると共に、メンバー(作家)さんの愛情がつまった手作りシルク作品をたくさん紹介していくつもりです。

今回は、そのうちスカーフ/ショール部門(ブランド名「ブランド「いなぶの羽衣」)の撮影をしてきました。

いなぶまゆっこ(まゆっこクラブ) いなぶの羽衣

————————————-

撮影にあたっては、私はその場にある物をなるべく使うようにしています。

確かに専用のディスプレイ器材や小道具を購入して使えば、見栄えは良くなるかもしれませんが、コスト的には高くつきます。

依頼主様の経済的負担を少しでも減らす方法を追求したいと思うとと共に、依頼主様の手元にある物(時には雑然と置かれていいたりするもの)こそ作品との相性がいい、そんな事を考えながら撮影に臨んでいます。

今回まゆっこクラブの活動拠点をウロウロしていて、こんないい物(↓)を見つけました!

まゆっこクラブ いなぶの羽衣

トルソーです。

こんなピッタリの物が見つかるとは感激!

そこで早速、スカーフを巻いて撮影したのですが……

このいかり肩がいけません…。

どんな素敵なスカーフを巻いても、ごっついアメフト選手のように見えてしまいます(笑)。

…というわけで、両腕は外すことにしました。

次に決めるのが、撮影ポイントです。

撮影場所については、前々から古橋懐古館がいいなあ…と目をつけていました。

…お願いをして、今回特別に入らせていただきます。

情緒たっぷりの回廊があったので、そこをバックに撮ってみたら…

いなぶの羽衣 古橋懐古館

何だか背景がすっきりしません。

それで、代替案を考えた結果、窓際で自然光がふんだんに入るコンクリートの壁をバックにしてみることにしました。

まゆっこクラブ いなぶの羽衣

背景がすっきりした分、スカーフに目が行くようになり、いい感じ!

ここで撮影することにしました。

スカーフの質感をアピールするため、正面から引いて撮るスタンダードな構図ばかりでなく、寄って斜め撮りのカットも…。

シルクスカーフ いなぶまゆっこクラブ

いずれにしろ、作家さん達立会いの下、楽しく撮影させていただきました。

撮った写真を、ホームページ上でどんな風に見せたら訴求力が高まるのか…今後模索していきたいと思います。

…それにしても、今回の撮影場所とさせていただいた古橋懐古館。趣のある素晴らしい建物です。まゆっこクラブの活動場所と同じ敷地内にあります。

稲武 古橋懐古館

この懐古館にはフォトジェニックなアイテムがたくさんありますので、カメラに収め、是非ホームページ上で紹介したいと思います。

最後になりますが、このシルク作品のデザインアドバイスとブランディングマネジメントに、YUIクリエーションの斎藤さんが携わっていらっしゃいます。指導を受けたメンバーから、今後どんな作品が生まれるのか本当に楽しみです。

Copyright(c) 2016 Photo Design Caravan-Serai All Rights Reserved.