フォトデザイン・キャラバンサライ

NEWS&BLOG

Announcements from CARAVANSERAI, and blog.

2013.05.06

家族写真

稚児行列~建中寺(名古屋市東区 )・Yさま/Nさま~

お子様が稚児行列に参列するという、Y様とN様から撮影のご依頼をいただきました。

稚児行列 建中寺 名古屋市東区 屋外撮影 出張撮影 子供写真

場所は、名古屋市東区の建中寺。

尾張徳川家の菩提寺という、由緒正しき名刹です。

稚児行列 建中寺 名古屋市東区 屋外撮影 出張撮影 子供写真

神社では幾度も撮影をしたことのあるキャラバンサライですが、お寺さんでは初めて…。

しかも、葵の御紋がそこかしこに威厳を放つ格式ある仏寺とあって、ちょっぴり緊張しながらも、場の雰囲気をしっかり写真に反映させよう!と気合いを入れた私なのでした。

……さて、今回撮らせていただいたのは、みうちゃん、2才と…

稚児行列 建中寺 名古屋市東区 屋外撮影 出張撮影 子供写真

ゆゆちゃん。同じく2才です(^^)。

稚児行列 建中寺 名古屋市東区 屋外撮影 出張撮影 子供写真

実は、みうちゃんを撮らせてもらうのは、これで2回目。

1年ぶりの再会でした~!

稚児行列 建中寺 名古屋市東区 屋外撮影 出張撮影 子供写真

前回はママと二人でしたが、今回はパパも一緒。

みうちゃん、とっても嬉しそうです(^.^)

一方、ゆゆちゃんは、ママとおばあちゃまと一緒。

稚児行列 建中寺 名古屋市東区 屋外撮影 出張撮影 子供写真

お着替えが終わって、稚児行列が始まるまでの間、境内で元気いっぱい遊びます。

稚児行列 建中寺 名古屋市東区 屋外撮影 出張撮影 子供写真

小一時間待って、お待ちかねの稚児行列開始の時間になりました~!

稚児行列 建中寺 名古屋市東区 屋外撮影 出張撮影 子供写真

色鮮やかな袈裟に身を包んだお坊さんたちと共に、建中寺界隈を練り歩くのです。

稚児行列 建中寺 名古屋市東区 屋外撮影 出張撮影 子供写真

その際、この写真には写っていませんが、お釈迦さまの母であるマーヤ夫人が、お釈迦様の誕生に先だって自身の体に白い象が入って来る夢をみたという故事に基づき、白い象(もちろん本物でなく作りものですが…^^;)が、お稚児さん達を先導します。

稚児行列 建中寺 名古屋市東区 屋外撮影 出張撮影 子供写真

当日、どれくらいのお稚児さんがいたでしょうか…?

稚児行列 建中寺 名古屋市東区 屋外撮影 出張撮影 子供写真

正確な数は把握していないので分かりませんが、とにかく相当な数で、行列も100m以上の長さになっていました。

稚児行列 建中寺 名古屋市東区 屋外撮影 出張撮影 子供写真

30分ほど歩いてからお寺に戻り、今度はお寺の本堂に入ります。

稚児行列 建中寺 名古屋市東区 屋外撮影 出張撮影 子供写真

そこで導師が、一人ひとりのお稚児さんに御祈祷をし、一連の行事が終わりました~!

その後は普段着に着替え、広大な敷地内でのびのびと遊ぶゆゆちゃんと

稚児行列 建中寺 名古屋市東区 屋外撮影 出張撮影 子供写真

みうちゃんでした(^^)

稚児行列 建中寺 名古屋市東区 屋外撮影 出張撮影 子供写真

Yさま、Nさま。

稚児行列 建中寺 名古屋市東区 屋外撮影 出張撮影 子供写真

この度は、どうもありがとうございました。

稚児行列 建中寺 名古屋市東区 屋外撮影 出張撮影 子供写真

皆さまの気さくなお人柄のお陰で楽しく撮影させていただくことができました。

稚児行列 建中寺 名古屋市東区 屋外撮影 出張撮影 子供写真

また次にお目にかかる機会を楽しみにしております \(^o^)/

 

2013.04.30

その他

結婚(婚礼)写真~JIMO婚(愛知県瀬戸市)~

瀬戸市の結婚式といえば……

JIMO(ジモ)婚!!

皆さん、知ってますか~!?

JIMO婚 愛知県瀬戸市 結婚式写真 婚礼写真 せと陶祖まつり

JIMO婚には2つの意味が込められています。

一つは、「地元」。見所あふれる瀬戸の旧市街が、まるっと結婚の舞台となります。

もう一つは、「地味」。わざわざ多くの費用をかけて華美に走るよりは、家族や親せき、そして瀬戸の街の人々の温かい人情に包まれながら、手作りの結婚式を挙げよう!というものなのです。

…キャラバンサライでは、去る佳日行われたJIMO婚を、終日密着撮影させていただくご縁をいただきました。

…ということで、写真でその一日を振り返っちゃいましょ~\(^o^)/

…まずは、朝一番の花嫁さんのお支度シーンから。

JIMO婚 愛知県瀬戸市 結婚式写真 婚礼写真 せと陶祖まつり

スタッフ3人が付きっきり!

さすが、婚礼用のヘア・メイク、そして着付けは、やはり特別です。

JIMO婚 愛知県瀬戸市 結婚式写真 婚礼写真 せと陶祖まつり

実はこの日、地元のケーブルテレビ「グリーンシティ」さんも、取材に入っていました。

JIMO婚 愛知県瀬戸市 結婚式写真 婚礼写真 せと陶祖まつり

カメラに囲まれながらも、全く動揺しない、花嫁のさわさん。肝っ玉が座ってます(笑)。

JIMO婚 愛知県瀬戸市 結婚式写真 婚礼写真 せと陶祖まつり

…1時間半ほどかかって、それはそれは美しき花嫁さんの出来上がり~!

JIMO婚 愛知県瀬戸市 結婚式写真 婚礼写真 せと陶祖まつり

お嬢さんの艶やかさに見惚れたお父様も、思わずケータイでパシャ (^o^)

さて、このJIMO婚ですが、実は瀬戸の二大祭り、「陶祖祭り(春)」と「せともの祭り(秋)」とタイアップして開催されます。

今回は春なので、「陶祖祭り」とのコラボ。

お昼ごはんをはさんで、「陶祖祭り」の会場へと移動します。

JIMO婚 愛知県瀬戸市 結婚式写真 婚礼写真 せと陶祖まつり ミスせともの

「ミスせともの」の3人もお出向かえです。

尾張瀬戸駅横のランドマーク、「パルティせと」の北側バスターミナルに特設された舞台に立つ花嫁さんと花婿さんのお二人。

http://farm9.staticflickr.com/8116/8685080001_a56d2b1159_o.jpg

田中家(花嫁さん)、長尾家(花婿さん)、両家のご両親も雛壇に上がります。

地元のコミュニティラジオ「ラジオサンキュー(RADIO SANQ)」のパーソナリティ、高橋さんの進行の下、式典は進んでいきます。

なれそめ話や、観客からの質問で会場は大いに盛り上がったところで、誓いのkiss!

JIMO婚 愛知県瀬戸市 結婚式写真 婚礼写真 せと陶祖まつり

大勢の人達が見守る中、永遠の愛を誓ったお二人なのでした。

そして、その後は人力車に乗って、瀬戸の旧市街を回ります。

http://farm9.staticflickr.com/8116/8686198834_c72280494b_o.jpg

「陶祖まつり」の御物奉献行列も一緒になっての練り歩きなので、それはそれはきらびやかで、賑やかな道中となります。

「パルティせと」からも程近い「銀座通り商店街」では、こ~んなにたくさんの(↓)人達が道中見物に集まっていました(^^) 。

JIMO婚 愛知県瀬戸市 結婚式写真 婚礼写真 せと陶祖まつり

「嫁入りよ~!」の露払いの声が響き渡り、紙吹雪舞う中、花嫁・花婿さんを乗せた車は進んでいきます。

JIMO婚 愛知県瀬戸市 結婚式写真 婚礼写真 せと陶祖まつり

沿道の人達から数えきれない祝福の言葉を受けて、瀬戸の産土神、深川神社に到着しました。

JIMO婚 愛知県瀬戸市 結婚式写真 婚礼写真 せと陶祖まつり

ここで、「お願い狛犬」に願掛けをします。

JIMO婚 愛知県瀬戸市 結婚式写真 婚礼写真 せと陶祖まつり

深川神社境内にある「陶彦社」は、創意工夫の神として広く崇敬されています。

その社で国の重要文化財にも指定されている「狛犬」は、瀬戸焼の祖、加藤藤四郎が感謝の印として奉納したものとされ、願い事成就の神様として、地元でも訪れる人が後を絶たないスポットなのです。

JIMO婚 愛知県瀬戸市 結婚式写真 婚礼写真 せと陶祖まつり

…話が飛びますが、花嫁のさわさんと花婿のようすけさんけは、「陶龍門」という地元の鳴子踊りチームで、共に汗を流したのが出会いのきっかけだったのだそう(^.^)。

JIMO婚 愛知県瀬戸市 結婚式写真 婚礼写真 せと陶祖まつり

今回のJIMO婚では、この「陶龍門」の皆さんが踊りを披露するだけでなく、花嫁道中に付き添い、お祝いムードを一層盛り上げていました。それにしても、皆さん気持ちのいいくらい元気がいい!

さて、そんな「陶龍門」による張りのある掛け声につられてか、次の目的地「末広商店街」でも、多くの人に囲まれる花嫁・花婿のお二人でした。

JIMO婚 愛知県瀬戸市 結婚式写真 婚礼写真 せと陶祖まつり

そして、これまた瀬戸のランドマークである瀬戸蔵の前を通って、スタート地点「パルティせと」へと戻ります。

JIMO婚 愛知県瀬戸市 結婚式写真 婚礼写真 せと陶祖まつり

お祭りとあって、まだまだ人出も多く、ここでもJIMO婚カップルを囲んでの記念撮影が続きます(^o^)。

JIMO婚 愛知県瀬戸市 結婚式写真 婚礼写真 せと陶祖まつり

ところで、見事に結われた花嫁、さわさんの高島田。付け毛ではなく、全て地毛なんです!

このハレの舞台のために、ず~っと髪の毛を伸ばしていたのだそう。

オンナゴコロですね(*^_^*)

JIMO婚 愛知県瀬戸市 結婚写真 婚礼写真 せと陶祖まつり

……これで、JIMO婚自体は終わりです。

でも、これはあくまでお祭りのためのセレモニーであって、真の意味での挙式はこの後。

小休憩の後、神前式を執り行うべく再び深川神社へと向かったご両家の関係者でした。

JIMO婚 愛知県瀬戸市 結婚写真 婚礼写真 せと陶祖まつり

祝詞奏上、三三九度、誓詞、玉串拝礼、巫女による神楽舞等……

JIMO婚 愛知県瀬戸市 結婚写真 婚礼写真 せと陶祖まつり

古式ゆかしき儀礼に則った、神社婚ならではの厳かで、しめやかな式典でした。

JIMO婚 愛知県瀬戸市 結婚写真 婚礼写真 せと陶祖まつり

さわさんとようすけさん、そしてご両家の皆さま、この度はおめでとうございます。

私も幸せのお裾分けをさせていただきました(^^)。

JIMO婚 愛知県瀬戸市 結婚写真 婚礼写真 せと陶祖まつり

……そして、最後に忘れてはならないのが…

JIMO婚を主催する市民グループ、「縁さくら」の皆さん。

JIMO婚 愛知県瀬戸市 結婚写真 婚礼写真 せと陶祖まつり

代表を務める大竹(上写真の右端)さんは、路(みち)美容室を切り盛りしながら、このJIMO婚をはじめ、「来る福招き猫まつり」等、瀬戸を盛り上げるイベントを定期的にプロデュースされています。誰もが気軽に立ち寄れるコミュニティ・カフェ「マイルポスト」も経営されています。

瀬戸で一番元気のある女性と言っても過言ではないと思います。

大竹さん、今回はこのような瀬戸の街おこしイベントの記録を残すという貴重な機会をいただきまして、ありがとうございました。

楽しく撮影させていただくと共に、皆さんのエネルギーに触れ、瀬戸の街をもっと好きになりました(^o^)

——————–

「縁さくら」さんのホームぺージへはこちらをクリック

 

 

2013.04.22

プロフィール

プロフィール写真~仕事ノアル暮らし様(愛知県瀬戸市)~

瀬戸市内の「仕事ノアル暮らし」さんへ撮影に行ってきました。

仕事ノアル暮らしさま 愛知県瀬戸市

一般社団法人である「仕事ノアル暮らし」さんは、うつ病、引きこもり、精神障がいの方ための就労移行支援施設。

一般企業等への就労を希望する障がいのある方が、就労に必要な知識や能力の向上のために訓練を行う機関です。

この施設を利用できるのは、「うつ病などで退職して再就職が心配な方」、「精神神経科・心療内科に通院中の方」、「引きこもっており就労に不安がある方」、「統合失調病と診断されている方」等です。

(「仕事ノアル暮らし」様についてもっと詳しく知りたい方は、ココをクリック!同施設のホームページへジャンプします)

この日私は、まずは7名の利用者さんの履歴書用写真を撮らせていただきました。

就活に使う写真というからには、カチッとした写真にしなければなりません。普段あまりそのような写真を撮っていないだけに(汗;)、セットアップに時間がかかった部分がありましたが、無事お役目を果たすことができました(^^)

……さて、その後は「仕事ノアル暮らし」のスタッフの皆さまを対象とした撮影です。

お天気も良かったことから、「仕事ノアル暮らし」さんからも近い、瀬戸市文化センターへ移動。新緑の中、楽しく撮影会を行いました~(*^^)v

仕事ノアル暮らし様 瀬戸市文化センター

5名のスタッフの方々の個別の写真も撮らせていただきましたが、ここでは、そのうち4名様分をご紹介しましょう!

まずは、Oさん。

仕事ノアル暮らし様 瀬戸市文化センター

気品あふれる笑顔がステキです。仕事ノアル暮らし様では、総務・経理を担当されているそうです。

次はWさん。

仕事ノアル暮らし様 プロフィール写真

一年前に続いて2回目の撮影になりますが、今回もばっちりスマイルしてくれました~!

職場では、利用者さんの生活支援を担当されているそうです。

そして、お次に登場するのが頼れる男、Yさん。

仕事ノアル暮らし様 プロフィール写真

カメラのファインダー越しに貫録が伝わってきます。利用者さんの就職活動を支援するお仕事をされているとのこと。皆さまからお父さんと慕われているのも納得!

そして、最後が「仕事ノアル暮らし」代表で、臨床心理士の加藤さん。

仕事ノアル暮らし様 プロフィール写真

太陽のような女性です。そばにいるだけでエネルギーをもらえるような気がします(^o^)

…実は、加藤さんの活動の原点は、遠いアフリカの国、ルワンダにあります。

仕事ノアル暮らし様 ルワンダグッズ

青年海外協力隊員として派遣され、暮らした彼の地で、それまでの人間関係からは想像もできないような人たちに出会い、泣き、笑い、濃密な時間を過ごした加藤さん。

「いつか終わる人生なのだから楽しまなくてはもったいない、メンタル失調を患っても、貧しい国に生まれても人生を楽しんでほしい。 夜不安とともに眠るのではなく、明日を楽しみにして眠りにつける人を増やしたい。経済的に厳しい人には仕事を、精神的に苦しい人には安心を」という熱い思いを胸に、2012年春、「仕事ノアル暮らし」を立ち上げました。

仕事ノアル暮らし様 

ルワンダ滞在中には、元ストリートチルドレンの若者らが働く牛の角を加工する工房を設立した加藤さん。

日本への帰国後も、ルワンダ支援は続きます。

仕事ノアル暮らしでは、ルワンダの工房から届けられた牛の角をお洒落なアクセサリーに加工し、販売。ルワンダでの雇用創出につなげています。

また一方、ルワンダ支援を通じて、「仕事ノアル暮らし」利用者さんが「自分が役に立っている」という思い抱くことができ、それが大きな心の支えになっている面もあるのだそう。

仕事ノアル暮らし様 ルワンダグッズ

まさに、日本でもルワンダでも「仕事のある暮らし」を実現させている加藤さん。素晴らしいです!

これからも、写真等を通じて応援していきたい…。キャラバンサライはそう考えています。

————————-

「仕事ノアル暮らし」さんホームページへはココをクリック!

 

 

CATEGORY

ARCHIVE

RECENT POSTS