フォトデザイン・キャラバンサライ

NEWS&BLOG

Announcements from CARAVANSERAI, and blog.

2012.04.07

住宅・雑貨・インテリア・ファッション系を撮る

Lowther ARCADE~イングリッシュガーデンとアンティーク家具を愛でるcafe(愛知県瀬戸市)

以前このブログでちらっと触れた、私の大好きなLowther ARCADEさん。

イングリッシュガーデンとアンティーク家具・小物を間近に愛られる、瀬戸の隠れ家的カフェです。

何が隠れ家的かって、高台の住宅街にポツーンと佇む上、表には目立った看板がありません。なので、そこを目的の地とせず偶然通りかかったような人は、まずその存在に気付かないのではないでしょうか?

知る人だけが立ち入りを許された空間…。

何て秘めやかな響きなんでしょう!

…というわけで、敷地内に一歩足を踏み入れると……

こんな看板(↓)が何気に掲げられていて、ここがただの民家でないことを確認することができます。

お庭へと続くアプローチはこんな感じ(↓)。

この奥には一体何が待ってるんだろう…?と期待に胸がふくらむ造りです。

そして、辿りついたお庭、イングリッシュガーデン。

Lowther Arcade (瀬戸市のカフェ アンティークとイングリッシュガーデン)

よくもこれだけの種類の植物を集めたものだなあ…と感嘆の声をあげてしまうほど様々な草木がお出迎え。

種類が多いと、統一感が崩れ雑然とした印象を与えそうなものですが、ここのお庭ではそんな心配はご無用。オーナーさんのお眼鏡にかなった草木だけが植えられているので、それぞれが個性を主張しつつも、全体としては寸分の狂いもなく調和が保たれているのです。

Lowther Arcade (瀬戸市のカフェ アンティークとイングリッシュガーデン)

…このお店のセンスの良さは、お庭だけにとどまりません。

お店の中も、めくるめく夢のような空間になっています。

Lowther Arcade (瀬戸市のカフェ アンティークとイングリッシュガーデン)

建物に入って右側がアンティークショップ、左側がカフェになっています。

Lowther Arcade (瀬戸市のカフェ アンティークとイングリッシュガーデン)

アンティークは、オーナーさん自らがイギリスやフランスに足を運んで買いつけた来たという、希少でこだわりのつまった品々。

どれもこれも私好みのテイストで、いつまで眺めていても飽きることがありません(…指をくわえて眺めるだけで、お気軽にホイホイと買えないのが辛い所ですが…(^_^;)

Lowther Arcade (瀬戸市のカフェ アンティークとイングリッシュガーデン)

カフェの中で私のお気に入り席は、お庭に面した大きな窓があるコーナーです。光があふれ、重厚な皮作りのソファに一人ゆったりと身をゆだねる贅沢感は言葉では言い尽くせません。

Lowther Arcade (瀬戸市のカフェ アンティークとイングリッシュガーデン)

今年はとりわけ冬の寒さが厳しかったせいか、上の写真に緑があまり写っていないのが残念です。でも、これからの季節、イングリッシュガーデンの眺めはどんどん彩りを増し、華やいでくる筈です。

この席が確保できたら、オーダーするのはお決まりのカフェオーレ。バラの形をした焼き菓子が添えられて出てきます。

Lowther Arcade (瀬戸市のカフェ アンティークとイングリッシュガーデン)

このコーナーでお日様の光をさんさんと浴びながら、静かに読書に興じる…。

これ以上ないくらい至高の大人の時間ではないでしょうか。

…とはいいつつも、私の場合、毎回本持参で行くものの、結局オーナーさんとおしゃべりして終わってしまうことが多いのが実情(笑)。

オーナーさんのソフトな語り口についつい引き込まれてしまうんでしょうね、きっと。

……このLowther ARCADE、まだ行かれたことのない方は是非一度お出かけ下さい!オススメです!!

普段はお飲み物とお菓子だけなのですが、金曜日はランチを楽しめますヨ(限定10食)。

————–

■ Lowther Arcade ■

住所:愛知県瀬戸市東長根町180-4

電話:0561-87-1105

営業時間:10:30-18:00 (木・金・土open)

————–

最後に蛇足ながら…

この日撮った写真の中で、一番のお気に入りを最後にお見せしちゃいま~す!

Lowther Arcade (瀬戸市のカフェ アンティークとイングリッシュガーデン)

場所がステキだと何を撮影しても絵になります。

CATEGORY

ARCHIVE

RECENT POSTS