フォトデザイン・キャラバンサライ

NEWS&BLOG

Announcements from CARAVANSERAI, and blog.

2012.12.09

お仕事以外の話(プライベート)

NHK大河ドラマ『平清盛』をフォトデザイナーが観たら…

大河ドラマ「平清盛」が放送終了までカウントダウンに入っています。今日終わって残すところ2話…。日曜日の楽しみがなくなると思うと寂しい限り。

世間では最低の視聴率だの、話が分かりにくいだの、決して評判が良いとは言えないドラマだったのですが、私的には十分堪能して来ました。

まずストーリーが大河らしく骨太。朝廷も貴族も乱れきった平安末期、武士による秩序ある国づくりを目指す平清盛が幾多の試練・陰謀・戦いを経て頂点へと登りつめ、そして道を誤り、凋落していく…。

そのような激動の時代を縦軸に、家督相続、父と息子の確執、側女との浮名etc.とホームドラマ的な要素が横軸としてからみ、様々な切り口から楽しめるドラマではないかと思うのです。

役者も、松山ケンイチ演じる平清盛に最初は違和感があったのですが、今や人生の晩年期に入った老入道を見事に演じきっていて、スゴイ俳優なのねー、と感心しています。脇を固める役者も演技派揃い(…みんな順番に死んでくから次々に入れ替わる(笑))。

私的には、藤原頼長を演じた山本耕史、源為義を演じた小日向文世、信西を演じた阿部サダヲがお気に入りでした(^_^)v。清盛の最初の妻、明子を演じた加藤あいも惚れ惚れとするぐらいキレイでしたねえ…(心がオヤジなので、イケメン男優((例えば源頼朝演じる岡田将生とか))でなく、ステキな女優に目がいってしまうのです(^^ゞ。

そして、このドラマ、写真業を営むワタシには学ぶところ大なのです。一流どころのスタッフが揃っているとあって、映像における光の扱い方、色の出し方、人物の表情の捉え方、小道具の象徴的な使い方(双六がその最たる例)…挙げだすと枚挙にいとまがないけど、勉強になることばかり!!動きのある映像なので、全てを写真に応用できるわけではないのだけど、参考にしたいところがホントにた~くさん!!ただで学べてお得だわー(笑)。

最後にこの大河ドラマのこだわりをもう一つ。それは、各登場人物をどう表現するのかに細心の心配りをはらっていること。人物デザインの専門家が配置され、各キャラの衣装(テーマカラーを決めている!)、化粧・髪型、立ち振る舞い等をトータルにデザインしています。この各登場人物毎にどう人物デザインをしているかが、「平清盛」のホームページに記載されているのだけど、それが実に興味深いのです!

常盤御前演じる武井咲に何故だいだい色の内掛けを着せているのか、そんなこともしっかり説明されていて、これまたいつも各お客様のカラーを写真でどう表現しようか…と頭を悩ませているワタシにはとても参考になるのです~!(笑)

…ということで、よかったら「平清盛」のサイト、覗いてみてくださーい! (^_^)/~
残り2回だから、見たことない人もドラマも見てみるといいのかも~!

NHK『平清盛』ホームページへはココをクリック!!

 

 

 

CATEGORY

ARCHIVE

RECENT POSTS