フォトデザイン・キャラバンサライ

NEWS&BLOG

Announcements from CARAVANSERAI, and blog.

2011.07.20

お仕事以外の話(プライベート)

尾張旭・瀬戸おやこ劇場主催「African Dance is Fun!」に行ってきました(愛知県瀬戸市)

先週末、尾張旭・瀬戸おやこ劇場主催のイベント、「African Dance is Fun!」に行ってきました。

「おやこ劇場」は、「未来を創る子どもたちに美しい夢と豊かな創造性を!」というお母さんたちの熱い想いが結晶し、1991年に設立された市民グループです。日本全国に支部があります。

あふれるモノや情報に取り囲まれている今の時代。子供たちは生活体験や生の文化に触れる機会に乏しく、感受性や、自主性、創造性を育みにくくなっています。

「おやこ劇場」は、〈生の舞台芸術〉に触れ、感性を豊かにしていく鑑賞活動と、子供たち自身が頭や身体を使って創造的に活動する自主活動を通して、未来ある世代の豊かな成長目指してします(以上、「おやこ劇場」パンフレットから抜粋)。

さて、今回の「African Dance is Fun!」は、前者の鑑賞活動の一つとして催されました。

African Dance is Fun

このコンサートでパフォーマンスを演じたのは、二人。

トニーさん(上の写真手前。生粋の日本人らしいのですが、イギリス生まれで日本人離れしたキャラクターです)とアブドゥさん。アブドゥさんは、アフリカの西海岸に位置するセネガルの出身で、同国ナショナルバレエ団所属のダンサーです。

セネガル アブドゥさん

それにしても、アブドゥさんの身のこなしというか、ダンスには目を見張るばかりでした。

しなやかに柔らかく体を動かすと同時に、一つ一つの動作に鋭いキレがあります。

静と動。緩と急…。

どうやったらあんな神業的動きができるのでしょうか?

…アブドゥさんの驚異の身体能力を象徴している写真がコレ(↓)。

小さな子の背丈ぐらいは軽々とジャンプしてしまいます。

ダンスだけでなく、セネガルの民族音楽も子供たちを強く惹きつけていました。

打楽器特有の力強く、激しいリズムが続いたかと思うと、テンポはスローへと展開。すっかりその魅惑的な響きの虜となり、決して飽きることはありません。

アフリカ 打楽器演奏

燦々と降り注ぐ太陽と、蒼い海に恵まれたセネガルで培われてきた音楽は、無駄なものをそぎ落としたシンプルさの中に、陽気さと無邪気さを湛えていました。

いつかセネガルに行って、この目と耳で直に触れてみたいと思った私なのでした。

2011.07.07

子供(1才歳以上)を撮る

ベビーフォト・ファミリーフォト(愛知県瀬戸市Nature Gardenご家族様)

今日は、ベビーフォト・ファミリーフォト撮影をしました。

ベビーフォト あやちゃん Photo Design Caravanserai

このかわいらしい赤ちゃんは、あやちゃん。

Nature Gardenを経営する神田さんご夫妻のお嬢ちゃまです。

御年、1歳1カ月。

ベビーフォト あやちゃん Photo Design Caravanserai

まあ、ホントに動く、動く…。

「そのポーズもう一回!」などという私の呼びかけに全く耳を傾けることなく(笑)、興味のおもむくままにあっちへ行き~の、こっちへ行き~の。

カメラを向けながらひたすら追いかけます。

ベビーフォト あやちゃん Photo Design Caravanserai

カメラでチーズ、カシャ!(↓)

ベビーフォト あやちゃん Photo Design Caravanserai

何が撮れたかな?

ベビーフォト あやちゃん Photo Design Caravanserai

ボールプールも楽しそう。

ベビーフォト あやちゃん Photo Design Caravanserai

絵本を広げる小さなお手ても、かわいい~!

ベビーフォト あやちゃん Photo Design Caravanserai

赤ちゃん時代はあっという間に過ぎ去ります。

ベビーフォト あやちゃん Photo Design Caravanserai

今この時の二度と戻らない瞬間を、しっかりと写真に収めておきましょうね。

ベビーフォト あやちゃん Photo Design Caravanserai

最後にファミリーフォト。

ベビーフォト あやちゃん Photo Design Caravanserai

ほのぼの~!!

お父さんとお母さんの愛情に包まれて、そのまますくすく大きくなってね、あやちゃん。

——————————————

(ここからはちょっと宣伝させてね)

このようなベービーフォト、ファミリーフォト、お撮りします。

ご興味をもたれた方は、「問合わせ」フォームからご連絡下さい。

2011.06.29

商用写真

愛知県瀬戸市・岩屋堂のお宿といえばココ!「福助」

先日、所要があって瀬戸市きっての観光地、岩屋堂の料理旅館「福助」さんに行ってきました。

瀬戸市岩屋堂 料理旅館 福助

玄関先も、素敵なあしらいになっています(↓)。思わず足が止まり、見入ってしまいます。

瀬戸市岩屋堂 福助 玄関先

玄関ホールでは、いかにも瀬戸らしく、瀬戸焼のタイル壁が客人を迎えてくれます。

瀬戸市岩屋堂 福助 玄関ホール

この料理旅館「福助」がオープンしたのは2年前…。

実は、このお宿、以前は「権兵衛」という名で営業していました。しかし、5年程前廃業を余儀なくされ、その後空き家になっていた所を、岩屋堂に魅せられた現在のオーナー、岩下さん(↓)が購入されたそうです。

瀬戸市岩屋堂 福助 岩下さん

旅館を丸ごと買いとったのはいいものの、営業を再開するにあたっては相当苦労したとか。

建物の築年数が経ってたのと、数年使われていなかったこともあって、相当な補修が必要だったとのことです。

瀬戸市岩屋堂 福助 内部

しかし、その補修もかなりの程度ご自分でされたというから驚きです。昔「美術部に所属してたんですよ」とはおっしゃっていたものの、付け替えた真新しい竹に色を施して、アンティーク風の程良い色合いにするなんて、中々できることではありません。

瀬戸市岩屋堂 旅館 福助 食堂

元々ご実家が旅館業を営んでいたという岩下さん。「私には女将のDNAが宿っているかも」とおっしゃっていました。

ハイ、「客人をおもてなしする」というお仕事は、誰にでもできるわけではないと、私も思います。あらゆることに気を配り、お料理やお花にも精通する必要がある女将という職、到底私には務まるとは思えません(…まあ、誰も私には頼まないと思いますが…笑)。

福助 瀬戸市岩屋堂 宿

岩下さんの心遣いが隅々にまで行きとどいたこのお宿にいると、自然と一体となることができます。

あふれんばかりの緑に抱かれ、日常の雑事から解放される心と体…。

真のリラックスがそこにはあります。

瀬戸市岩屋堂 旅館 福助 客室

多分、このお宿での正しい過ごし方は、何もしないこと…。

川のせせらぎに耳を傾けながら、ただボーっと過ごすことが何事にも替え難い時間になるのではないでしょうか。

特に夏はオススメです。何せ、瀬戸市内よりも3度も気温が低いというのですから。クーラーなど不要です。

……福助さんでは、どんなたわいのない物でも絵になります。

縁側で見つけたこんなサンダル(↓)だって、立派な景観をなしています。

瀬戸市岩屋堂 福助 料理旅館

福助さんのすぐ前を流れる川には、こんな情緒たっぷりの橋(↓)も架かっています。

瀬戸市岩屋堂

この川は、深さがないため、小さな子供が水遊びをするのにピッタリです。この日、遠足で来ていた幼稚園児達も楽しそうにはしゃいでました。

瀬戸市岩屋堂 子供 水遊び

この夏、私も自分の子を連れて来てあげたいですね。

…ということで、瀬戸市の奥座敷、岩屋堂に行く際は、是非福助さんへGO!

————-

お値段は、一泊朝食付きで、7,000円(税・サービス込み。夕食はご相談の上、内容・お値段が決まるそうです)。

泊まりでなくても、お茶だけというのも可(週末は予約なしでOK。平日は要予約)。

【場所】瀬戸市岩屋町28

【電話】0561-78-1956

 

CATEGORY

ARCHIVE

RECENT POSTS